お問い合わせ

Bybit Brawl「BTC/USD無期限契約のトレードバトル」開催!

  • キャンペーン
  • Bybit Brawl「BTC/USD無期限契約のトレードバトル」開催!

仮想通貨デリバティブ取引所Bybitでは、2019年11月から12月にかけて「BTC/USD無期限契約」のトレードバトルを開催します。

 

もちろん、賞金付きです。

トレーダーは、チーム部門・個人部門にエントリーすることができ、トップ10に入賞すれば賞金としてBTCが付与されます。

 

Bybit BTC BRAWL開催

Bybit BTCトレードバトル

 

以下では、本大会に関する基本情報に加え、大会で上位入賞するために役立つと思われる知識をいくつかご紹介します。

 

Bybit Brawlの基本情報

Bybitから提供されているBybit Brawlの実施情報をご紹介します。

最新の情報は、Bybit公式ウェブサイトにもアップされますので、そちらも併せてご確認ください。

 

取引バトル対象

取引バトルの対象は、「BTC/USD無期限契約取引」となっています。

 

主な取引条件は、以下のとおりです。

 

・最大レバレッジ:100倍(100倍までの範囲で自由に設定が可能)

・強制ロスカット:維持証拠金率0.5%(実効レバレッジ換算200倍)

・資金調達(Funding):8時間ごと

※過去の資金調達率(Funding Rate)は、公式ウェブサイトから確認可能

参考:https://www.bybit.com/app/contract/historicalData

 

 

BTC/USD無期限契約取引とは?

まず、日本人仮想通貨トレーダーにとって最もなじみが深いのは、BTC/JPYの現物取引でしょうから、BTC/USD無期限契約取引はかなりマニアックな取引だといえます。

 

世界的に取引量が最も多いのは、BTC/USDつまり対米ドルでのビットコインの価格であり、このBTC/USDをもとに様々な仮想通貨デリバティブ商品が開発されています。

 

最もメジャーな仮想通貨デリバティブ商品は、BTC/USDの先物です。

先物には限月があり、限月になると現物価格により強制的に決済されます。

また、通常レバレッジをかけて取引をします。

 

一方で、BTC/USD無期限契約取引には限月という概念がなく、トレーダーはその気になればずっとポジションを保有し続けることができます。

 

しかし、BTC/USDにはFunding(資金調達)という制度があり、定期的にBTC/USD現物価格との価格差に応じて、ロングポジション保有者からショートポジション保有者(またはその反対)への資金の支払い(または受取)が行われます。

※ちょうどこれは、FX取引(外国為替証拠金取引)における、プラススワップやマイナススワップに類似した制度だということができます。

 

 

以上のことを踏まえて、BTC/USD無期限契約取引には、次の特徴があります。

 

・BTC/USDの価格をもとに、BTC/USD無期限契約の価格も決定する。

・BTC/USD無期限契約の価格は、BTC/USDの現物価格とずれることがある。

・価格のずれに応じて、資金調達(Funding)制度により資金の支払い・受取が行われる。

・レバレッジ取引を行うことができる。

 

参加資格(チーム部門)

Bybit運営からチームとみなされるためには、最小10名以上のチームメンバーが必要になります。

 

チームメンバーとしてカウントされるためには、最低でも”0.05BTC”の資産がBybit取引所の口座にある必要があります。

※資産の計算方法:資産=残高+未実現損益

 

また、チームを結成したら「チームリーダー」を決定する必要があります。

チームリーダーはチーム全体の統率やマネジメントを行う代わりに、上位入賞時には常にチームに配布される賞金額のうち30%を獲得する権利を得ます。

 

チーム参加者を募るには?

FacebookやTwitterなどでチーム結成をアピールし、参加者を集めることはBybit運営によっても推奨・歓迎されています。

 

チームとしての価値は、チームリーダーの実績にかなり依存します。

過去の類似の大会での成果や、トレード経験、その他チームに参加することのメリットなどを公表することで、信頼性を高め、その中からチームメンバーを選抜しましょう。

 

チーム参加者の特典

大会期間中20%の手数料減額を受けられます。

※個人部門の参加者は、この手数料減額の特典を受けられません。

 

 

参加資格(個人部門)

個人部門の参加資格は、チーム部門の参加資格に準じます。

10人未満のチームは、チームとしての参加としては考慮されませんが、チームリーダー及びチームメンバーは、個人分の参加者としてランキング入りすることが可能です。

 

取引成績の決定方法

取引成績は、損益率によって決定されます。

損益率は、次の計算式によって求められます。

 

損益率=(終了時資産-(開始時資産+大会時の入金)÷(開始時資産+大会時の入金))

 

また、チーム部門の場合の損益率は、チーム内のトップ10メンバーの成績を平均します。

※大会中にBTC/USD無期限契約の取引活動を行っていないメンバーは、賞金の対象となりません。

 

 

実施スケジュール

実施スケジュールは、以下のとおりです。

 

2019年11月18日応募開始。ここから大会開催(2019年11月28日)までに応募を完了してください。

※途中参加はできません。

2019年11月28日大会開催。この時点での資産が大会終了時の成績(利益率)計算の基準となります。
2019年12月13日大会終了。この時点での資産を退会開始時の資産で割ったものが利益率となり、本大会での成績となります。
2019年12月19日賞金配布。上位入賞者はBybitウェブサイト上で表彰されます。

また、賞金の5%が優勝者の名前で慈善団体に寄付されます。

Bybit BRAWL実施スケジュール

 

賞金

賞金は、チーム部門と個人部門とに分かれています。

賞金総額は、参加人数によって変動し、最大100BTCとなっています。

 

具体的な、賞金の配分は以下のキャプチャ画像を参考にしてください。

 

チーム賞金

参加人数賞金プールトップ1トップ2トップ3トップ4-10
15,000703016102*7
10,0005025104.51.5*7
8,0003518731*7
5,000201041.80.6*7
3,00073.51.60.50.2*7
2,00052.510.450.15*7
1,00031.50.60.340.08*7
5001.50.750.30.170.04*7
2000.70.350.150.060.02*7

 

例)参加人数が10,000人であり、20名のチームでエントリーし、1位に入賞した。

→賞金プール50BTCの列を参照

→チーム全体の賞金総額は25BTCで、この25BTCが以下の比率に応じて配分。

→30%:チームリーダー、20%:上位10名のチームメンバー、50%:すべてのチームメンバー(重複可能)

 

 

また、個人部門の賞金は以下のテーブルを参照してください。

こちらは、完全に個々人のトレーダーに付与されます。

 

個人賞

参加人数賞金プールトップ1トップ2トップ3トップ4-10
15,0003014631*7
10,000301042.50.5*7
8,000157.53.51.90.3*7
5,0005210.60.2*7
3,00031.40.60.30.1*7
2,000210.40.250.05*7
1,00010.50.250.110.02*7
5000.50.250.10.0450.015*7
2000.30.150.060.0340.008*7

 

Bybit(取引所)について

仮想通貨デリバティブ取引所である、Bybitは2018年3月の設立です。

 

BVI(イギリス領バージン諸島)に登録されており、本社はシンガポールにあります。

主な利用者は、欧州、ロシア、日本、韓国、東南アジアのトレーダーです。

 

本大会では、BTC/USD無期限契約のみが対象となっていますが、取扱商品は他にもあり、以下のラインナップとなっています。

 

・BTC/USD無期限契約

・ETH/USD無期限契約

・EOS/USD無期限契約

・XRP/USD無期限契約

 

Bybitは海外取引所です。

そのため、日本の仮想通貨取引所とは取引規制が異なります。

例えば、「最大レバレッジ100倍」や「ゼロカット採用(追証なし)」などです。

 

類似の取引所としては、BitMEXが有名ですがbybitのほうが手数料体系がシンプルであるほか、基本的に英語で対応しなければならないBitMEXと対照的に、Bybitでは日本人顧客向けの日本語サポートが充実しており、英語が苦手なトレーダーであっても問題なく利用することができます。

 

BTC取引の参考情報

本”Bybit Brawl”の開催期間は約1か月です。

そのため、本大会では様々なトレード戦術が可能になると思われますが、そのために役に立つと思われる事項をご紹介します。

 

現在のBTC相場分析

こちらは、BTC/USD(現物)の週足です。

BTC/USD(現物)の週足チャート

 

現在は高値を切り下げている一方で、安値も切り上げているというもみ合い状態になっています。

※ただし、安値切り上げの期間のほうが長いので弱い上昇トレンドだということもできます。

 

基本的には、週足では明確な方向感が出るまでは、レンジ取引となることが想定されます。

 

 

また、こちらはBTC/USD(現物)の日足です。

BTC/USD(現物)の日足チャート

かつての下向き三角持ち合いのサポートラインを回復したかどうか、微妙な水準です。

もし、9,000USD台を日足の引け値で上抜けた場合には、下落トレンドが否定されることになりますが、現時点ではレンジ取引(または弱い上昇)だとみておいたほうが無難でしょう。

 

取引スタイルの紹介

1か月というスパンで利益を出すための取引スタイルとしては、ハイレバレッジ環境を生かしたスキャルピングトレードや、デイトレードが考えられます。

 

スキャルピングトレードとは、数分から数十分で決済する最も細かい取引であり、相場の時間帯や値幅の分析など様々な点に工夫を凝らさなければなりません。

また、様々な取引スタイルの中で最もハイレバレッジが役に立つトレードだとも言えます。

 

また、デイトレードは一日の中で決済する取引です。

基本的に数時間内のトレンドを追従する取引をします。

時間帯(東京時間、欧州時間、NY時間)の影響を強く受け、また4時間足の重要な高値・安値の監視が必要になります。

 

その他、BTC/USD無期限契約の資金調達(Funding)を利用するという方法もあります。

 

資金調達は、BTC/USD現物価格との乖離によって生じ、乖離を拡大させる方向のポジションには、乖離を縮小させる方向のポジションに対して資金の支払いが行われる制度です。

 

Bybitの資金調達は、8時間おき(1時、9時、17時)に行われますから、そのタイミングを狙った短期的なトレードを行う手法も考えられます。

 

総括

Bybitで仮想通貨デリバティブ商品の取引を始める、またとない機会です。

 

Bybit Brawlはどちらかというと、チーム対抗の色が濃いので、大会に備えてチームメンバーの募集や選抜を行って、世界一の仮想通貨取引チームを目指しましょう。

 

 

海外の仮想通貨デリバディブ取引は、高水準のリスクを伴う投資であり、全ての投資家に適した投資ではありません。海外の高倍率のレバレッジは少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができますが、仮想通貨は急激な価格変動も多く、短期間に利益を出せる一方で、証拠金の大部分や全てを失ったり、取引額が証拠金を上回っていれば、証拠金額等を超える損失が発生するケースもございます。損失に耐えられない資金投資はするべきではなく、海外業者で仮想通貨FX取引を始めるにあたっては、投資目的やご自身の経験、リスクの許容範囲などを含めて慎重にご検討し、取引内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

リスク警告

海外の仮想通貨デリバディブ取引は、高水準のリスクを伴う投資であり、全ての投資家に適した投資ではありません。海外の高倍率のレバレッジは少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができますが、仮想通貨は急激な価格変動も多く、短期間に利益を出せる一方で、証拠金の大部分や全てを失ったり、取引額が証拠金を上回っていれば、証拠金額等を超える損失が発生するケースもございます。損失に耐えられない資金投資はするべきではなく、海外業者で仮想通貨FX取引を始めるにあたっては、投資目的やご自身の経験、リスクの許容範囲などを含めて慎重にご検討し、取引内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

Copyright ©   BitcoinFXpro All Rights Reserved.